質問・回答集

Hamamatsu ORI-Project全般に関するご質問

参加条件に関して

Q.NPO法人など、株式会社以外でも応募可能か。

A.基本的に法人の種別・規模問わず、ご応募可能でございます。詳細は募集要領、及び参加規約をご確認ください。

Q.法人の規模に関わらず応募可能か。

A.基本的に法人の種別・規模問わず、ご応募可能でございます。詳細は募集要領、及び参加規約をご確認ください。

Q.産学連携での提案は可能か

A.複数団体の連名による提案は可能でございます。産学連携のプロジェクトも歓迎しております。

申込プロセスに関して

Q.オンライン相談会に参加していないが、実証実験計画書の再提出は可能か。

A.2021年6月18日(金)17時までにお申込み頂いたプロジェクトに関しては、オンライン相談会への参加していなくても実証実験計画書の再提出が可能となります。その場合、 2021年7月1日(木)17時必着で再提出頂きます。

支援内容に関して

Q.資金面の支援等はあるのでしょうか

A.採択された提案者は実施後に別途補助金に関する申請書類を提出し、記載された経費の使途、金額、その他の事項が適当と認められる場合、1件あたり 10 万円(補助率 1/2 以内)を上限として補助を受けることが出来る。

Q.実証実験の費用については提案者負担となるか。

A.原則として、提案者負担となります。

Q.1団体から複数のプロジェクトを提案することは可能か。

A.可能でございます。それぞれ別のプロジェクトとして取り扱います。

Q.投資家など、資金面で支援して頂ける方をご紹介頂くことは可能か。

A.本プロジェクトにおいては、資金面の支援や投資家のご紹介等は実施いたしません。

Q.デバイス設置などに協力してもらうことは可能か。

A.本プロジェクトにおいては、資金面並びに人的リソースの支援は原則として行いません

Q.浜松市から実証フィールドの紹介やモニター支援などはあるのか

A. フィールドやモニターの斡旋は、規模やその対象により調整の難易度が異なるため、サポートできるか個別に判断させて頂きます。

実証実験後に関して

Q.実証実験の結果については公表されるのか。

A.報告書についてはホームページ上に掲載いたします。特許等、公表することで提案者が不利益を被る情報があるとと事務局が判断した場合は、別途協議いたします。

登録データに関して

協力企業に関するご質問

協力企業全般に関して

Q.協力企業と事前に打ち合わせの機会を頂くことは可能か。

A.オンライン相談会ご参加頂ければ、浜松市並びにスポンサー各社との打ち合わせの機会となります。提案の内容によより、事務局が必要と判断した場合、相談会に他の協力企業に同席して頂くことがございます。